時事

インボイス制度で値引きとは?損する人は?職人「大工」を例に

こんにちは、しろです。

 

 

皆さんは毎日
何かしら買い物等
されますよね。

 

 

その時、「お客さん」として
「店」に「消費税込みの金額」を
払っているはずです。

 

 

今回は皆さんの立場が
「お客さん」ではなく
「事業者」という立場での
「消費税」の話しとなります。

 

 

インボイス制度で値引きとは?損する人は?

 

皆さんは【インボイス制度】って
ご存知でしょうか?

 

 

知らない方も多いはずです。

 

 

私の周りでも
「知らない!」という方がほとんどなので。

 

 

そんな中、初めに結論だけ申し上げると

 

 

インボイス制度導入後
課税売上】が年1000万円以下の【免税事業者】は
取引先からの仕事が減る、なくなる、あるいは
年収が減る可能性が大である

 

という事ですが・・・・・・
分かりますか?

 

 

何だか
難しい用語があると
訳分からないですよね。

 

 

という訳で、ここでは
「内容の全体」を
理解して頂く為に
簡単に説明していきたいと思います。

 

 

その為
「細かい話し」は
しません。

 

 

インボイス制度とは
2023年(令和5年)10月1日から始まる
新たな制度で、正式名称は
【適格請求書等保存方式】です。

 

 

難しい用語はさておき
これは
事業者における
「消費税」の話しである。

 

 

又、「年収1千万円以下の
自営業者が悩む
内容である」
という
見方も出来る。

 

 

という事です。

 

 

具体的には
「年収1千万円以下の自営業者」の方が
仕事において、次のようになる事が
予想されます。

 

 
1 )
もらえるはずだった
消費税分の金額が値引きされる

 

 

2 )
こちらの対応次第で仕事が減る
あるいは、もらえなくなる

 

 

3 )
いずれにしても、年収が下がる

 

 

とまあ、こんな感じで
「いい話ではない」事は確実です。

※ここで言う「年収」とは
正確には【課税売上】を指しています

 

 

2)の「こちらの対応」というのは
あなたの場合
あなたの「出方」です。

 

 

では、どんな「出方」をすれば
仕事が減らないか、もらえるか?

 

 

「登録」する事なんです!

 

 

何に?

 

 

適格請求書発行事業者というものに!

 

 

また「難しい用語」出ましたね。

 

 

これは簡単に言えば
「国が定めた請求書(登録番号付)
を使う人や会社」

という意味です。

 

 

そういった人(個人事業主等)や
会社(法人)になる為には
税務署に行って、書類を申請し
登録する
という事をします。

※申請方法は他にもあります。


 

すると、 無事に
適格請求書発行事業者】に
なれるのです。

※その前に消費税課税事業者選択届出手続
が必要です。(【免税事業者】の場合)

 

 

なれるのですが・・・・・・。

 

 

そこにちょっとした
いや、「大きな問題」が!

 

 

・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・?

 

 

これについては次項で説明しますが
その為にも、ここで
ちょっとした「例え話」を
しておきます。

 

 

例えば、免許証を持たないあなたに
友達が「買い物」を頼んだとしましょう。

 

 

あなたはバス代千円を使い
1万円の物を買ってきてあげました。

 

 

翌日、友達があなたに
「わざわざバスで 行ってくれて
有り難う」と言い
1万円だけ返してくれたとします。

 

 

その時
んっ、「何かちょと?」
っていう例えですが
分かりますか?

 

 

そうです。

 

 

「バス代ですよ!バス代」
「バス代の千円
くれないの?」って。

 

 

だって、バス代は
行くのに必要なお金
「経費」なのですから。

 

 

「バス代(経費)みてくれよ~!」
言いたくなりますよね!

 

 

その後
また、買い物を頼まれたら
あなたなら、どうします?

 

 

・・・・・・・・・・・。

 

 

私なら
「買ってきてあげるから
バス代もくれ」
と言います。

 

 

「それが無理」なら
この「迷惑人間」みたいな友達を
「相手しない」
とも考えるでしょう。

 

 

だって、
「買い物を頼まれる度に」
こっちが「損」じゃないですか。

 

 

「ですよね!」


 

 

この例で言いたい事は
「経費」次第で
「自分のお金の負担」が
「変わる」という事です。

 

 

だから

・「相手の経費」を考慮したくない
・「自分の経費」を考慮してほしい

なんて場面、ありますよね!

 

 

たぶん、皆さんも
「両方の立場」に
なった事があるはずです。

 

 

これ、覚えておいて下さい。

 

 

話しを本題に戻します。

 

 

さて、ここで仮に、あなたを
「年収1千万円以下の自営業者」
であるとします。

 

 

そして、【インボイス制度】がはじまると
なんと、あなたが
この「迷惑人間」になり得るのです。

 

 

つまり、それは
「相手に損させる立場になる」
という事を意味します。

 

 

「なんで?」

 

 

この「例え話」を頭の中に置いて
次項で、この「なんで?」を
解明していきましょう!

 

 

職人「大工」の場合


 

 

家を作る大工さん達は
「職人」とよばれる人達であり
「会社には属さない」、いわゆる
「自営業者」が大半です。

 

 

そして、「仕事の受注」つまり
「誰から仕事をもらっているか」
となると、そのほとんどが
「ハウスメーカー」となります。

 

 

また、現在、大工さん達が
家を作るにあたって
「その為の材料を自分で買う」
という事はほぼありません。

 

 

つまり、大工さん達は
「用意された材料等」を使い
作る(作業する)だけです。

 

 

この為

年の売り上げ=年の作業代金(手間)

 

であり、その額は1千万円以下という場合が
ほとんどと言えます。

 

 

一方、ハウスメーカーともなれば
売り上げは「億単位」が通常で
様々な業者との取り引きが
必要です。

 

 

さて、ここから
仮に、あなたを
「年収1千万円以下の大工さん」
とします。

 

 

ハウスメーカーは
「あなたの作業」に対して
「手間」を払いますが
その内訳は

手間=作業代金+消費税

 

 

そして、ハウスメーカー側は
お客(施主)さんから
代金をもらいますが
その内訳は

代金=建物金額等+消費税

 

 

どっちも「消費税」を
もらっています。

 

 

と言いたいところですが
違うんです
これが!

 

 


 

 

「消費税」って実は最終的には
「国のもの」になるんです。

 

 

だから、ハウスメーカーが
「お客さんからもらった消費税」
正確には「預かった消費税」であり
「返す」必要があると言えます。

 

 

その「返す」にあたる「行為」
「消費税の確定申告」による
「納税」なのです。

 

 

ところが、「年収1千万円以下」の
あなたの場合は「預かった消費税」ではなく
「自分のもの(利益)になる消費税」である

返す必要はありません。(【益税】と言います)

 

 

こういった「違い」が
「年収1千万円以下」と
「年収1千万円超」との間で
あります。

 

 

ハウスメーカーの場合「消費税」
・払う (例 あなたへ)
・もらう (例 お客さんから)
の両方の立場です。

 

 

この場合、「その計算方法として」

 

もらった消費税額-払った消費税額

 

が「消費税の確定申告」で
国に返す金額となります。

 

 

分かりますか~~?

 

 

「消費税」に関しては
こんな風に考えると
分かりやすいかもしれません。

・もらった分は国のもの
・払った分は「差っぴける額」

この「差っぴける額」
難しい用語で
【仕入税額控除】の金額と言います。

 

 

こうして、ハウスメーカは
この計算方法で
「国に返すべき消費税額」を
決めていました。

 

 

今・ま・で・は。

 

 

これが出来なくなるんです
2023年(令和5年)10月1日からの
インボイス制度導入で!

 

 

具体的には、ハウスメーカーが
あなたに「手間」として
「消費税を乗せた金額」を
払ったとします。

 

 

しかし、制度導入後は
国はこのうち、「消費税」に関しては
「払ってない」
と見るようになるのです。

 

 

あなたが
適格請求書発行事業者】となり
登録番号を持たない限り。

 

 

ここで
先ほどの「例」を
思い出して下さい。

 

 

迷惑人間」。

 

 

今後、ハウスメーカーにとって
あなたが「迷惑人間」になります。

 

 

なぜなら
あなたに払った「消費税」が
払って無い事になる為
「差っぴける額(経費)」がなくなる。

 

 

逆に言うと
ハウスメーカーにとって
「国に返す消費税の額」が
その分、高くなるという事です。

 

 

先ほどの「例」で
「バス代みてくれよ~!」
ってありましたよね。

 

 

ハウスメーカーにとっては
「大工さんに払った消費税
みてくれよ~!」

状態なんです。(国に対して)

 

 

分かりますか?

 

 

でも、「制度」が始まれば
そうも言えなくなります。

 

 

となると
あ・な・た・が
「迷惑」
なんです。

 

 

「迷惑人間は相手しない」
と言っていた自分が
「逆の立場」になった時・・・・・。

 

 

お分かりですか?

 

 

「相手にされなくなる」。

 

 

つまり、
「仕事がもらえなくなる」です。

 

 

ハウスメーカは
あなたも含め沢山の業者
との付き合いがあります。

 

 

その中には「年収1千万円越」の
「業者」あるいは「大工さん」が
いるはずです。

 

 

そういった人達は
適格請求書発行事業者】に
なることで、ハウスメーカーに
損させることはないでしょう。

 

 

もちろん、ハウスメーカも
適格請求書発行事業者】に
なります。

 

 

「じゃあ、俺も!」
「【適格請求書発行事業者】になるよ!」
という「年収1千万円以下」のあなた。

 

 

「そこで、問題発生なんです!」

 

 

というのは、あなたは
「仕事(事業)における消費税」
払いたくないですよね!

 

 

そうです、「年収1千万円以下」なら
払う義務はありませんから!

 

 

でも、「適格請求書発行事業者」に
なるためには、
消費税を払う立場課税事業者
な・ら・な・け・れ・ば・ならない。

 

 

という「条件」があるのです。

 

 

たとえ、あなたが
「年収1千万円以下」でも!

 

 

適格請求書発行事業者】に
ならなければ
仕事がもらえない。

 

 

でも、そうなる為には
「これから先、消費税を払う立ち場」に
ならざるを得ない。

 

 

そして、それ以降
「毎年消費税がくる!」

 

 

つまり、今までに無い
「余計な出費」
「収入減」という事です。

 

 

ちなみに、今までのあなたは
免税事業者という
消費税を払わなくてもよい
立場でした。

 

 

では、【適格請求書発行事業者】に
ならなければ、仕事を
「絶対にもらえないのか?」

 

 

そんなことはありません。

 

 

但し、但し・・・・・
「消費税分値引いて!」
と言われる可能性「大」
と言えます。

 

 

「あ~~~どっちにしろ
安くなるか~」
「同じ事か~」

って感じです。

 

 

これからはじまる
【インボイス制度】とは
まさに、「年収1千万円以下」の
「あなたの問題」なんです。

 

 

「さあ、どうする?」
「どう出る?」
悩みますよね!

 

 

ここで、あなたに
「少しのゆとり」
を与えます。

 

 

ハウスメーカーが
あなたに払った「消費税」を
今後「払ってない」とされてしまう
この「制度」。

 

 

「いきなりは可哀想」だから
という訳ではありませんが
少し「ゆるく」してくれる
「期間」が6年間あります。

 

 

少し、「様子見出来る期間」
あるとも言えますね。

それが
経過措置」の期間です。

 

 

具体的には、ハウスメーカーが
「あなたに払った消費税額」を
「払った」と国が認めてくれる
「期間」
となります。

 

 

でも、その「額」は
100%ではありません。

 

 

そして、その割合は

 
・1~3年目までの間は80%
・4~6年目までの間は50%

となります。

 

 

つまり、ハウスメーカーにとっては
・80%時→20%の「損」
・50%時→50%の「損」

となるのです。

 

 

「ハウスメーカー」は
この「経過措置」の期間は
「損している立場」「少しの間」
「我慢」してくれるかもしれません。

 

 

私としては、その「我慢」も
「20%の損である
1~3年目までの間かな~!」

という予想です。

 

 

でも、この間で
ハウスメーカーもあなたも
「どう出るか」の「決め時」になる事は
間違いないでしょう。

 

 

【「インボイス制度で値引きとは?損する人は?職人「大工」を例に」まとめ】


さて、いかがでしたか?

 

 

「インボイス制度」が導入されるまで
まだ、時間はあります。

 

 

しかし、2021年(令和3年)10月から
適格請求書発行事業者」の
「登録申請」はすでに
開始されているのです。

 

 

また、税務署に直接行かずに
・「郵送による申請」
・「パソコン、スマホでの申請」

も可能との事。

 

 

こうして、
「インボイス制度」導入に向けて
準備は着々と進んでいます。

 

 

制度開始前の現段階では
色々な団体が「反対」を
しているのも実情です。

 

 

「ハウスメーカー」が「どう出るか」
あなたが「どう出るか」、そして
結果、「どうなるか」

 

 

誰にも分かりませんが
少しでも、「自分」にとって
「納得出来る結果」に
なれば、いいですね。

 

 

というわけで、今回は
この辺で終わります。

 

 

最後まで読んで下さり
有り難うございました。

簡易課税をわかりやすく!値引きで損する大工が得する?免税から課税こんにちは、しろです。 「仕事」に限りませんが 「段取り」って 大事だと思いませんか? ...